FC2ブログ




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今年最後のカヌーかしら
カヌー

今年もカヌーはこれが最後でしょうか??
子供達の夏休みも終わりですから・・

今年も都会から沢山の人がやってきました。
去年だったか、ある年寄りが言ってました・・

「都会から来る人は、ゴミと汚物と命を落としにやってくる」
うーーーん
地元の人にとって確かにその通りなんでしょうね・・

今年も数人の命がカヌーで奪われました。
みんな自然を甘く見過ぎています。

人間なんてちっぽけな存在ですよ・・

自然を甘く見ると大けがをしちゃいます。
毎年、四万十川では小さな命が天に召されます。
あの救急車の音は、とっても嫌です。

青年団の若い人達が、あちこちを探し回り、
結局殆ど助かることはない・・

これが毎年繰り返されます。

川遊びはいいですが、自然をしっかりと理解して遊んで欲しい。
私たち地元の者でも、お盆の頃は川遊びは注意です。

沈下橋からのダイビングも、お盆の頃は中止です。

本当は、カヌー遊びも、最善の注意が必要なんですが・・
来年は事故が無いことを祈ります。



スポンサーサイト
日記 | 16:18:12 | Comments(0)
朝露
朝露

四万十川の畔の草原に綺麗な朝露が貯まっていた。
朝日にキラキラ輝いて、とっても綺麗・・

しばらく忘れていた自然を満喫しています。
でも、四万十川の畔に暮らすには、いろいろと難しい事が多い・・

まず、仕事はない。
都会で慣れた私には、仕事が無いのが一番つらいかも。

農業と林業。あと川漁師。
もちろん一番人気は公務員。
一番人気というより、一番安定した職業。
でも、ここも構造改革と市町村合併でいろいろと問題が多いみたいです。

そう言えば去年だったか、ここも四万十市っていう名前に変わった。

古くて良い物が、少しづつ変わっていく。
変わらないのが良いこともあるのになぁぁ・・・・


日記 | 20:15:07 | Comments(0)
四万十川のアイドル
四万十川のアイドル

とっても人なつっこいアヒルです。

名前は「ガーコ」

お米で作ったポン菓子を持っていくと、すぐに寄ってきて
はやく食べさせて!!っておねだりします。
たまにどこかに散歩に行ってて、姿を見せないこともありますが、
まあ、大抵近くで自由に泳いでいます。

毎日、何を考えているんでしょうか??

寂しくないのかなぁ

アヒルを見ていると、アヒルは、ただ生きているだけ・・

でも、ただ生きているだけって、すごいことかもしれません。

アヒルは多分幸せなんでしょうね。
だってアヒルが自殺したっていう話は聞いたことがないし、
野生の動物は病院にも行けないし・・

でも、毎日一生懸命生きてる。
もしかして、人間もこんな生活がいいのかもしれません。

ただ、自由に生きているだけ・・
そんな生活を目指してみようかなぁぁ・・・・・・



日記 | 17:19:48 | Comments(0)
田舎のおにぎりはびっくりです
田舎のおにぎり

主人がおにぎりを買ってきた。

あまりの大きさに二人で大笑い。

四万十川のお米は美味しい・・
塩味と明太子味。素朴だけどとっても美味しい。
ご飯だけで充分に食べることが出来ますした。

それにしても大きいおにぎり・・これも田舎風??
このおにぎりは二人で充分なお昼ご飯になりました。(笑)



日記 | 18:06:50 | Comments(0)
村の夏祭り
夏祭り

数日前のお祭りだけど、写真が出てきたので、思い出のつもりで投稿します。

以前は毎年お祭りの時には10円くじだの30円くじだのを大阪の卸問屋へ行って買って、父に送っていました。10年ほど続けたかな・・
父は、もう歳で今年からは引退して、若い人達にバトンタッチしたみたいです。

父は、ビールを買い、うろうろしながら飲み、
運営状況が気になるのか、運営担当者に声をかけながら
お祭り(土曜夜市って言うんですが)会場を歩いていました。

そもそもふるさと創生資金といって、政府がばらまいた資金の一部を使って始めた土曜夜市ですが、金塊を買うよりずっと有意義な使い方ですね。
子供達にとっては大人になってもいい思い出になるでしょうし・・・

ふるさと創世資金と言うことは、もう14~15年つづいているんでしょうか・・
バブルの時代に各市町村にばらまかれたこの資金は今どうなったのでしょうか??

その父はちょっとだけ認知症が出て、最近薬を飲み始めました。

夏祭りを楽しんでいた娘は20歳を過ぎ、
確実に世代交代をしている・・と感じた夏祭りでした。



日記 | 19:10:54 | Comments(0)
四万十川の畔に移住
子育てが終わり、子育て義務からやっと解放されました。
振り返ると、20年という長い年月が経過していました。

主人と出会い、恋愛をし、結婚をし、子供が出来、子供の為に一生懸命働いた20年でした。さあ、好き勝手に生きるぞ!と思ったらもう50歳目前。

残された人生はあと何年でしょうか??

元気に動けるのは70歳くらいまでですね。ということはあと20年。
しかし、不運は突然やってきます。

両親の介護と姉の看病・・・

うーーん。

正直まいりました

主人と別居かな・・
仕事も辞めないと・・

と言うことは収入ゼロ??

とっても不安です。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 | 17:57:19 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。